【世界水準の歯科治療】阿佐ヶ谷の歯医者

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-3-12
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~19:00 × ×

※土曜の午後は13:00~15:00/休診日:木、日、祝日
※英語対応可能(English is Available)

ご予約・お問合せはこちら

03-3338-0755

歯周病

虫歯/ 歯周病 
Endodontics/ Periodontics/ Restorative Dentistry

虫歯は小さいうちには詰め物をする程度で済むことが多いのですが、虫歯が大きくなると痛みが出ることも稀でなく、歯の神経の治療(歯内療法)が必要となることも多いです。

歯内療法は通院回数が増えることになり歯の実質欠損も大きくなり、土台(ポスト&コア)も必要になることも多くなります。また大きな虫歯をほうっておくと隣や反対側の歯が動いてしまったり、歯自体が割れてしまったり、また口臭の原因にもなりえます。早期の診査診断をお勧めいたします。

また、虫歯がすすみ、歯の神経、根の治療(根管治療)が必要になる場合には、歯科用顕微鏡マイクロスコープ)の活用をしております。マイクロスコープ、手術用顕微鏡を用いた根管治療(マイクロ根治)では、8-24倍に拡大した視野においての治療は、裸眼よりも精密に的確に行われるため、治療の予後判定の精度、治療そのものの精度、が格段に向上し、再発の防止につながります。レントゲンや、症状のみでは診断の難しい、根の破折等の発見にも、使われます。

歯周病は、成人のたくさんの方が持っているといわれますが、難治性重度の進行性のタイプは その中でも限られているといわれています。

進行すると、歯の埋まっている歯槽骨が吸収することにより抜歯に至る事も多い病気です。また典型的な口臭の原因になる場合もあります。

歯周病になってしまう原因にはいくつかがあります。ばい菌、不良なかみ合わせ、遺伝的なもの、体質的なもの、不良な補綴物などが単体もしくはそれらが組み合わさって病気が発生すると考えられています。

このうち遺伝的なもの等は コントロールしがたいのですが、ばい菌(プラーク歯垢 歯石)等は コントロールが多かれ少なかれ可能であります。

歯周病の治療は基本的にはこのプラークコントロールにあります。これをしやすい口腔内環境を歯科医・歯科衛生士がつくり、皆様方が毎日的確にブラッシングすることにより病気が悪化することを予防いたします。

ただし中等度~重度の歯周病ですとそれだけではなかなか難しい場合もあります。ときに外科的な方法や薬剤療法を選択した方がよい場合もあります。