【世界水準の歯科治療】阿佐ヶ谷の歯医者

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-3-12
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

▲:14:00~17:30, ※:9:00~12:00/13:00~15:00
休診日:木、日、祝日

英語対応可能(English is Available)

ご予約・お問合せはこちら

03-3338-0755

院長ブログ

ソケットリフト術にて上の奥歯の足りない骨部分を増生しました

右上の奥歯2本を抜歯したままになっていて、食事もままならない状態でした。 レントゲンとCTを撮影したところ、インプラントを支えるための十分な骨量が足りないことがわかりました。 

右上奥歯が2本ありません

右下の奥歯は健康なので、相対する右上にインプラントが入れば、歯を失う前と同等にお食事も可能になります。

入れ歯のばねを見えなくする方法があります 精密アタッチメント義歯

入れ歯は、 失った歯を補い、歯茎の上からでもしっかり噛めるよう、また食事中や会話中になるべく動かないように、クラスプ(金属のばね)を残っている歯に引っ掛ける方法が一般的です。 この”ばね”が、前歯のほうに存在すると、他人に見えてしまうのが欠点ではあります。アタッチメントを用いた精密部分入れ歯にすると、その”ばね”も必要なくなり、見た目も改善、そして精密なアタッチメントを介して入れ歯を維持するため、動きにくく快適な着用感です。

前から見ても“ばね”が見えません。

下顎2本がぐらぐらで入れ歯で噛めません。 抜歯してインプラントを用いたオーバーデンチャーになりました

下顎に残っている2本の歯が、部分入れ歯の負担で歯周病が悪化してしまい、ぐらぐらしていよいよ入れ歯が使えなくなってきました。 ここで、総入れ歯にはせずに、インプラント4本を用いたオーバーデンチャーを希望されました。インプラントの上に入れ歯をくっつけることにより、しっかり噛めて、外れないものをご希望です。

インプラント4本にロケーターアタッチメントを装着したところです。

この金色の見えているものはインプラントではなく、インプラントに装着したアタッチメントと呼ばれるものです。今回はロケーターアバットメントを使用しました。 これにより、入れ歯(オーバーデンチャー)と、インプラントのアタッチメントが、しっかりくっつくことで、しっかり噛めて外れにくい入れ歯になります。 このアタッチメントはちょうど、洋服でいうホックと似たような機能ですので、 はめるときには”ぱちっ”と音のする感じになります。

左下奥歯2本喪失しています 部分義歯が動くとのこと

左下部分義歯が動くとのことで、骨量が少ないなか1本インプラントを入れることができたため、 手前の歯の根面板(歯を短くして金属の土台をいれたもの)と合わせて、 マグネット義歯をつくりました

歯が残り少なくなった場合においてブリッジやインプラントが不可能な場合の選択肢のひとつ

歯が残り少なくなった場合~少数歯残存~ 今回は比較的多い7本の残存歯でしたが、 奥歯までしっかり噛みたいという希望もあり、残っている7本を利用しての、コーヌス義歯/ダブルクラウン義歯を選択されました。 インプラントができない場合において、 残っている歯を有効活用して、総入れ歯よりもしっかり噛めて、金属の”ばね”の見えないタイプをご希望のかたには、おすすめです。

深い虫歯(深在性う蝕)があり、水に少ししみますが、根管治療は必要でしょうか

右下の後ろから2番目の歯に大きな深い虫歯が存在しています。 しばしば冷たいものにしみているようです。レントゲン診査と症状の経過から、歯の神経の治療が必要になる可能性を伝えました。ただし、感染したと思われる根の先端まで神経を除去するいわゆる根管治療ではなく、 歯の上のほう(歯冠部)の神経を一部~全部除去し、根の神経を保存可能とする歯髄温存療法(VPT)で行ける可能性があることも説明しご提案しました。

歯をすべて失って総入れ歯をしていました

下の総入れ歯は、舌がよく動くために、一般的には上の総入れ歯よりも安定しないため、悩んでいる方も多いです。 このように顎の土手が細くなると、なおさらむつかしい入れ歯となります。

固定式のフルマウスインプラント治療(順次的抜歯法 /シリアルエキストラクション法)

上の歯はすべて虫歯と歯周病にて予後が不良であり保存が不可能であったため、抜くことになりました。 インプラントを6本埋めて、取り外し式の入れ歯でなく、固定式の白い歯が入って、劇的に見た目も変わりました。 2012年に行いました。

今の時期、当院の窓の外には

庭から鑑賞できます。何人かの方から、これはなに?と質問がございましたきれいな花です。 馬が食すとふらついてしまうようですね。

神作歯科医院でのまずはスタンダードな虫歯予防はこれ!

 

毎日のセルフケアでむし歯予防できる歯磨剤にお悩みの方にチェックアップ商品についてご紹介させていただきます。

日本ではフッ化物の最大値は1500ppmまでと定められております。当院において、むし歯予防の観点から歯磨剤はフッ化ナトリウムが1450ppmと最大限まで配合されているLIONの”チェックアップ(スタンダード  660円)”をおすすめしております。

歯ブラシをした後は複数回うがいをしてしまいがちですが、チェックアップはブラッシング後歯磨き剤を吐き出し、10~15ml程度のごく少量の水で約5秒間1回のみ、ゆすぎます。

口腔内により多くのフッ化物を停滞させ、その分体内に吸収し血液循環を通して歯や骨に働きかける為です。

ハイジーン(hygiene)の

和訳は??

多賀理吉先生から、このたび長与専斎の経歴、果たした役割についての文献をいただいた。恥ずかしながらあまり長与専斎については存じてなく、今回あらためて彼の軌跡をたどってみると、江戸末期から明治維新と新国家建設にかけて、この国の衛生行政の機構をつくったまさにパイオニアであることを再認識した。五教館、適塾に学びその後故郷の長崎にてポンぺらの下で西洋医学を学んだとされる。岩倉使節団の一員として欧米の医療制度を視察し、西洋医学では、治療のみならず、予防にも力を入れていることを知り感銘を受け、さまざまな知見を持ち帰り、我が国の医療制度や衛生行政の骨組みをつくった。”衛生”という言葉を”hygiene”の訳にすることを決定したのが彼だというのも

長期的インプラント経過 阿佐ヶ谷神作歯科の場合

骨量が足りなくサイナスリフト(上顎洞挙上骨造成)をインプラント治療とともに行ったかたの20年以上の経過です。 右上奥歯に部分入れ歯を作ったが、違和感があり、ほとんど使わずに過ごしていたとのこと。

左上奥歯の痛みにて来院

右上の一番奥の歯に食べかすがはさまりやすくなっていて、虫歯がレントゲンで発覚し、応急処置後に診査しました。痛みが結構、常にあり鎮痛剤を飲んでいるとのことでした。レントゲン上で歯の神経まで虫歯がいっていることを確認しマイクロスコープ下での治療を開始しました。

横浜2024

ヨルダン大学の歯内療法の教授である Dr. Nessrin Tahaの講義を聞く機会に恵まれました。 歯髄保存温存療法の世界的権威であり、とてもinformativeな講義でした。 深い虫歯のある場合に有効な方法で、マイクロスコープとMTA等を使用することにより、従来よりも適応症が広がってきております。

2017年 前歯の歯肉部に膿みが出てきたとのことでレントゲンを撮ったところ、根尖に大きな膿瘍を思わせる骨吸収像がみられた。マイクロスコープを用いた根管治療を行い、根管内をきれいに洗浄していくことをすすめていったところ、2回の来院で膿みがとまる。(マイクロ根管治療 前歯部71500円~  プラス ダイレクトボンディング33000円)

以下は2021年より前の過去ブログになります








1/10/2021

 

先日、院長母校である東京歯科大学が慶応大学と合併するというニュースがあり、名前が変わる前にと写真に納めました。私たちが学んだ教養棟はすでに取り壊されているのですが、寂しい気持ちにもなりますね。

 

 

 

 

 

 

1/4/2020

我々のチームはこのたび、基本理念となる標語をつくりましたので、公開したいと思います。

Compassion  悩みに寄り添い

Sense           ささいなことを察知し

Share           情報を共有し、重症化への予防に役立てる

 

今後ともさらなる皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

神作歯科医院 

チーム一同

10/30/2019

なにもないと広いですね。。。

当院の改装工事が本格的に始まりました。

つぎはぎの工事ではなく、一旦スケルトンにて配線配管からやりなおすため、工期がかかってしまいご迷惑をおかけしております。

改装後は機能、見た目ともにより充実した内容になる予定です。しばしお待ちください。

 

7/14/2019

後輩が講演するとのことで福岡へ勉強しに行ってきました!

セミナー会場には学生も相当数きており、勉強熱心なところです。

さすがグルメな街で、セミナー会場のランチでさえ、味わえました。。

 

11/30/2018

先日、保育園にて検診を行いました。たくさん食べて、よく噛んで いつまでもその笑顔忘れないでね!

 

幼稚園での歯磨き指導

2018年9月に幼稚園での歯磨き指導をおこなってまいりました。当院歯科衛生士のふたりが、予防の講義と実習を行いました。こどもの歯磨きと保護者の仕上げ磨きの目的の違いについてや、フッ素予防や、甘い物等についてお話しました。こどもたち、(おとなも)楽しんでくれたかな!? 

下を磨くときは”こんにちは”です~